NPO法人うつくしまスポーツルーターズ 公式ホームページ

NPO法人うつくしまスポーツルーターズ

お知らせ

ホーム > お知らせ > スポーツボランティアサミット報告 ~東京2020へ向けて

スポーツボランティアサミット報告 ~東京2020へ向けて

1月27日(土)、東京・日本財団ビルにて開催された「スポーツボランティアサミット」に参加してきました。

誰もがスポーツを楽しむ共生社会に向けて~障害者スポーツのボランティア~というタイトルがついており、障害者も含め誰もがスポーツを楽しむ上で、どうボランティアが関わっていくのか、スポーツが障害者の人生にどう影響していくのか、といった内容がメインテーマでした。

基調講演を行ったマセソン美季さんの「障害者である自分は、カナダにいる方が日本にいるよりずっと居心地がいい。多様性のひとつとして障害を持っている自分が認められている」といった言葉はズシリと心に響きました。日本は「違うこと」に関して不寛容な面が多々あると思います。私たちボランティアから、少しずつ意識を変えていかねば、ですね。

パネルディスカッションでは、福島県障害者スポーツ協会の増子恵美さんも登壇し、福島の事情も詳しく話されました。とても頑張っておられますが、県域も広く、苦労もたくさんあるようです。私たちボランティアにできることはないかと考えさせられました。

また、今回は2つの大学の学生が、台湾で開催されたユニバーシアード大会で「勝手にボランティア」してきたという楽しい報告もありました。若い世代がスポーツボランティアにもどんどん入ってきていること、とても頼もしく感じました。

また、ちょうどこの日、東京2020組織委員会より、ボランティア募集に関して、新しい情報が発表されました。

今回の発表でわかったのは、

・ボランティアの募集開始が2018年9月中旬

・2019年2~7月に面接

・面接会場の一つに、「福島」が明記されている

などの点です。また、組織委員会の方からこんな言葉もありました。

「ボランティアは9万人と言われてましたが、大会ボランティアだけで8万人、都市ボランティアが3万人、現時点で11万人くらいにはなる予定です」

実際のところ、まだまだ不確定な部分が多いようですが、それでも着実に動き始めています。

私たちも情報をきちんととらえ、お伝えしていくよう、引き締めていきます!

福島のみんなでこの「復興五輪」に対してできることはないかも、しっかり考えていきましょう。

お問い合わせcontact

ご相談・ご質問などお気軽にお寄せください

NPO法人
うつくしまスポーツルーターズ

〒960-1101
福島県福島市大森字本町14
TEL・FAX 024-546-9875

TEL&FAX024-546-9875

メールでのお問い合わせ